友達からお金を借りるとお考えの方へ

友達からお金を借りる…なんとなく普通に聞こえることですが、これは年齢を重ねていけばいくほどお友達との関係性において信用を損ねていくことは言うまでもありません。学生時代、または社会人になったばかりなどの年頃の時は気兼ねなく言うことか出来た「ちょっとお金を貸してくれない?」という言葉も、20代半ばを過ぎたあたりからなかなか言えなくなってきます。どちらかというと貯金がどのくらいあるかを意識する年代であり、そんな時にお金を貸してほしいとお願いするということは自分は貯金を持っていないと宣言しているようなものですよね。昔は貯金なんかしていなかった友達も、いつの間にか家庭を持ち、いつまで経っても友達にお金を貸してほしいと考えてしまう自分に苛立ちを感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

今の時代は当サイトでもご紹介している消費者金融がありますから、何も友人関係を壊してしまう恐れのある友達からお金を借りるという行為を行わなくても良いと言えるのではないでしょうか。確かに、友達からお金を借りれば余計な利息は支払わなくても良いかもしれません。しかし、友達であるが故に返済期日が過ぎてしまっても謝ればいいや…と思ってしまったりしてお金を借りているという事実を軽視してしまう場合が多々あるようです。お金を借りている人が思っている以上にお金を貸している側はお金というものをシビアに考えているのは言うまでもありません。また、友達である以上、返済が遅くなってもなかなか返せと言い出せないお金を貸している側の気持ちも考えなければならないでしょう。そういう時間を共有していくうちに人間関係はどんどん歪んでいき、いつしか友達で無くなってしまう時もあるかもしれません。たった少しのお金でこれまで培ってきた友人関係を壊すというのはバカバカしいと思いませんか?

 

そんなことになる前に友達からお金を借りるということがどういうことかしっかりと考えなければいけないのです。すぐに返す宛があるのあればそこまで問題はないかもしれませんが、最低でも蓄えが無いということは知られてしまいます。また、すぐに返せる宛が無いのであれば友達からお金を借りるのではなく、当サイトでご紹介しているような消費者金融から借りることを強くお勧め致します。消費者金融はお金を貸すサービスを行っている業者です。なんとなく後ろめたいお金を借りるという行為も、唯一消費者金融なら正当化されるのです。世の中にはこういった便利がサービスがあります。友達からお金を借りようとお考えだった方は今一度その行為を冷静に考え消費者金融で借りるということを考えてみて下さい。

 

あなたにとって、そしてあなたの友達にとってもどちらが健全な行為なのかは少し考えればすぐに分かることだと思います。少しの借入額であればハッキリ言ってそこまで大きな金利にはなりません。特に当サイトでご紹介している消費者金融なら金利をはじめ、サービスなども特にお勧めの出来る消費者金融となっていますので是非ご参考頂ければと思います。