信用金庫の金利手数料や総量規制はどう?キャッシングやカードローンの審査は甘い?

現在、キャッシングのご利用をお考えの方で消費者金融からのキャッシングではなく、信用金庫からのキャッシングやカードローンのご利用をお考えの方もいらっしゃると思います。人によっては銀行や消費者金融よりも信用金庫の方が身近に感じるので、出来れば信用金庫からお金を借りたいと思われている方もいます。確かに、消費者金融という響きよりも信用金庫の方がなんだか親近感は伝わってきますよね。ですが、実際のところはどうなのでしょうか。ここでは消費者金融と信用金庫で、どちらのキャッシングやカードローンの方が使いやすいのか、お得なのかを検証していきたいと思います。

 

まず信用金庫からキャッシングやカードローンを利用する際の最低基準として、継続する安定収入があること、仕事をしていて1年以上の勤続年数を経過していること、契約を希望する信用金庫の営業エリア内に居住していることなどが挙げられます。あと、場所によっては年収が150万円以上あることなど年収に対する条件があるところもあるようです。

 

この他にもそれぞれの信用金庫により様々な規約や条件があるようです。これからから総じて判断出来ることは消費者金融に比べると審査は決して甘いものではないということが言えると思います。また、信用金庫の本質的な存在意義としては地域発展や地域奉仕といった理念があるのでその地域に拠点を置いている方が優遇される代わりに、そこに拠点を持たないという方には審査的には逆に不利になってしまう場合もあるようです。よく信用金庫のATMなどを心配されている方も多いようですが、全国展開している大手の消費者金融とは違い、どこでもお金を引き出せるという感じではないので地元以外で活動されることが多い方などは使い勝手としてはあまり良いとは言えないかもしれません。

 

これらの信用金庫の特性と消費者金融の特性を比較すると、今すぐにでもお金を借りたいという方や定期的な収入はあるもののアルバイトやパート、派遣社員などで一定ではない方、小額を素早く色々な場所で借りたい方などは信用金庫よりも消費者金融がお勧めと言えるかもしれません。

 

最後に気になる金利についてですが、地域奉仕型の信用金庫の方が消費者金融よりも金利が安いということが言えます。具体的な数字はそれぞれの信用金庫によっても異なるので一概には言えませんが、おおよそ消費者金融よりは3?4%ほど安いと言えると思います。金利だけで見れば信用金庫の方が良いと思えるかもしれませんが、審査スピードや審査条件、利用出来るATMの設置台数などは圧倒的に消費者金融の方が勝っており、利便性を求める方は消費者金融をご利用された方が良いと言えるでしょう。また、当サイトでもご紹介している審査スピードに定評のあるアコムでは30日間金利0円サービスというものを行っています。単純に金利が安いということで信用金庫のご利用をお考えであれば、金利0円サービスなどを利用することで消費者金融でも便利に、且つ経済的に利用することが出来ます。そういうサービスについては消費者金融でのキャッシングの方が多々展開をしておりますのでそういうものも是非参考にしてみては如何でしょうか?様々な観点で総合して判断すると、やはり消費者金融キャッシングの方が利便性が高く、そして使い方次第でより経済的に利用出来るということが言えると思います。