返済遅延や滞納を回避する方法、キャッシングをキャッシングで返す

キャッシングの利用において一番やってはいけないこと…、それは返済遅れや返済をしない滞納です。これをやってしまうと、キャッシングのお申し込み時に重要な情報となっていた信用情報に傷が付いてしまいます。よく、自己破産をするとブラックリストに載ってしまうなどと言ったりしますが、その軽いものだと思って頂ければイメージしやすいかもしれません。

 

この信用情報に傷が付いてしまった場合、今後どのような影響があるかと言いますと、新しくキャッシング契約を結ぶ時や、クレジットカードの契約を結ぶ時、または住宅ローンや車のローンを結ぶ時なんかにも影響してきてしまいます。特に、住宅ローンやクレジットカードなんかは審査も厳しめになっていたりするので、そういう時の審査に問題を起こさないためにも返済遅れだけは絶対にしないようにしましょう。

 

とはいえ、返済日が近く分かっているものの、どうしても返済分のお金が用意出来ない時があると思います。そんな時、いらなくなった本やCD、洋服や家具などを売ったりしてお金を用立てる人もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことをしなくても良い方法があります。

 

それは、新たにキャッシングの契約を結んでしまうということです。
言ってみれば、キャッシングをキャッシングで返すということになります。

 

キャッシングをキャッシングで返すというと、聞こえはあまり良くないかもしれませんし、借入額もすごく増えてしまうような印象を抱いてしまう方がいらっしゃるかもしれませんが、実はそんなことはありません。冷静に考えて下さい。返済分を借りるだけですから、金利分はコストとしてかかってしまうものの、実質の借入額としては新たなキャッシング会社と契約をする前と同額ということになります。

 

また、2つのキャッシング会社と契約をしておくことにより、今後も返済日にお金がないということになればどちらか片方から借入をすれば返済遅れというものが実質無くなります。但し、ここで注意しなければならないのが、2つのキャッシング会社と契約をすることで単純に借入限度額も増える訳ですから、限度額いっぱいになるまで借入をしないということです。新たに契約したキャッシングは、あくまで返済が出来なかった用として保険として持っておくことをお勧めします。但し、あまりにも多くのキャッシング会社との契約はお勧めしません。多くても2社目までにするようにしましょう。

 

最初にもお伝えしましたが、とにかく一番やってはいけないことは返済遅れや滞納になります。これをやってしまうと信用情報に返済遅れや滞納の情報が残ってしまいます。そうなるとその後のキャッシング契約なども出来なくなってしまう場合があります。まだ返済遅れなどなに今のうちに新たにキャッシング契約を済ませ、出来るだけ信用情報に傷が付かないようにすることが重要と言えます。

 

もしも、返済日が近くお急ぎであれば、当サイトでご紹介しているアコムならスピード審査、スピードキャッシングに定評のあるキャッシング会社になります。尚且つ、30日間無金利サービスもやっておりますので、まさにこんな時にピッタリのキャッシング会社です。是非アコムのご利用をご検討下さい。