キャッシングを利用すると信用情報に傷がつくのかどうか検証しました

お急ぎの方のためにおすすめキャッシング会社のご紹介から

キャッシングと信用情報の因果関係をお話する前に、まずはキャッシングをお急ぎの方のために当サイトから特にお勧めしたいキャッシング会社をご紹介させて頂きます。

 

キャッシングの利用は信用情報へのデメリットとなる?

「キャッシングを利用すると信用情報に傷がつく?」という話を聞いたことはありませんか?もしくは、キャッシングを利用すると信用情報に傷がついてしまうもの…と偏見を持っていませんでしたか?ここでは、誰もが気になるキャッシングと信用情報の関係について解説していこうと思います。

 

キャッシングを利用する時というのは、当然のことながらお金が無い時であってお金があるのに利用するなんてことはまずありません。つまり、キャッシングの利用はお金が無いことを言っているようなものであって、それはつまるところ信用情報に傷が付いてしまうのではないか…というのがウワサの根本となっているようです。

 

ではキャッシングが本当に信用情報に傷を付けるのかどうか、一つずつ順を追って考えていきましょう。まず、信用情報とは何かと言いますと、個人レベルで管理する「支払い情報」と「属性情報」のことを言います。支払い情報とは、その名の通りキャッシングを利用した時やクレジットカードを利用した時の支払い情報です。他にも、公共料金の支払い状況や携帯電話の支払いなどもこれに該当しますし、債務整理をした際の情報なども支払い情報として残ります。

 

そして、もう一つの属性情報ですが、これは分かりやすくいうと個人情報のようなものです。名前、住所、年齢、電話番号、勤務先、年収などの金融的な個人情報になります。

 

この2つを纏めて信用情報と言うのですが、では、キャッシングをするとこの信用情報に傷が付くのだとしたらどこに引っかかってしまうと思いますか?

 

先に答えを言ってしまいますが、キャッシングを利用したからと言って信用情報に傷が付くということは有り得ません。問題なのは、キャッシングを利用した後の返済が期日までにしっかりと返済されているかどうかであって、キャッシングの利用が信用を損なうということにはなりませんのでどうかご安心下さい。

 

むしろ気にすべき点は、携帯電話の支払いや公共料金の支払い遅れも信用情報に傷が付いてしまうということです。クレジットカードの支払いやキャッシングの支払いだけしっかりとやっておけば良いと思っていた方はご注意下さい。今までカード系の返済遅れがないのになぜか審査に通りにくいという方は公共料金などの支払いが遅れたりしていませんか?全ての支払いが信用情報に直結していると思い、期日までに必ず支払うようにしましょう。

 

これまで、キャッシングの利用=信用情報に傷が付いてしまうと思われていた方は少し考えが変わったのではないでしょうか?中にはだったら利用したいと思われた方もいらっしゃるかもしれませんね。そんな方にお勧めなのが最初にご紹介したキャッシング会社になります。人気の高いキャッシング会社の中から、当サイトが金利やサービス面など独自に調べた”今最も利用して欲しいキャッシング会社”をピックアップしてご紹介させて頂いております。

 

これからキャッシングのご利用をお考えの方は是非上記のキャッシング会社をご検討下さい。